Ryugin Research Institute Ltd.

最新の記事

県内の景気動向

景気概況(2017年3月)    

景気は、拡大の動きが強まる

 消費関連では、スーパーが前年を上回る

 観光関連では、入域観光客が前年を上回る 

 3月の県内景気をみると、消費関連では、百貨店は催事効果や外国人観光客による消費が好調だったことから前年を上回り、スーパーはひな祭りや合格祝い関連商材の売上が伸長したことから前年を上回った。耐久消費財では、新車販売は普通乗用車の需要が伸長したことから前年を上回り、電気製品卸売はエアコンの需要が引き続き好調に推移したことから前年を上回った。
 建設関連では、公共工事は市町村、独立行政法人等・その他が増加したことから前年を上回った。建築着工床面積(2月)は非居住用が減少したことから前年を下回り、新設住宅着工戸数(2月)は持家、貸家、給与が増加したことから前年を上回った。建設受注額は、民間工事が減少したことから前年を下回った。
 観光関連では、入域観光客数は54カ月連続で前年を上回った。国内客、外国客ともに前年を上回った。主要ホテルは、稼働率、売上高、宿泊客室単価ともに前年を上回った。

 総じてみると、消費関連、観光関連が好調に推移しており、建設関連も概ね好調なことから、県内景気は拡大の動きが強まっている。

(続きを読む…)

このページのトップへ