Ryugin Research Institute Ltd.

最新の記事

沖縄の気候を活かした広域サイクルツーリズムによる差別化戦略

要旨

・世界的な健康に対する意識の高まりとともに、自転車の活用が注目されている。
・沖縄は那覇空港第二滑走路の供用開始により、人の往来が増加すると予想される。今後はこうした環境をいかに観光需要に結びつけるかが重要となる。
・本レポートでは、沖縄での広域サイクリングルート整備によるサイクリスト誘致の可能性について検証を行った。サイクリストとは、スポーツバイクと呼ばれる自転車を趣味とするサイクリング愛好家をさし、広域サイクリングルートを整備することで、サイクリング+αの観光を提案し、最終的にはナショナルサイクルルートへの認定を目標とする。
・先進事例として、ナショナルサイクルルートに認定された、「しまなみ海道サイクリングロード(広島県、愛媛県)」を取り上げる。県主導による強力なリーダーシップの下、一過性に終わらない様々な自転車施策が取り組まれており、欧米豪露などからサイクリストの誘客に成功している。主な取組みは、①推奨ルートを示す道路上のブルーラインの設置、②安全な走行区間の確保、③サイクルオアシスによる住民参加型のおもてなし、である。近年は喫茶店などの飲食店や宿泊施設など、サイクリスト向け施設が相次いで誕生している。 (続きを読む…)

このページのトップへ