Ryugin Research Institute Ltd.

最新の記事

県内の景気動向

景気概況(2019年3月)    

景気は、拡大している

 消費関連では、スーパーが前年を上回る

 観光関連では、入域観光客数が前年を上回る

 3月の県内景気をみると、消費関連では、百貨店は催事効果による食料品の増加や、改装による化粧品の好調などから前年を上回り、スーパーは食料品で生鮮食品や加工食品などが好調だったことや、住居関連で家電や医薬品が増加したことなどから、既存店ベースは前年を上回った。耐久消費財では、新車販売はレンタカーの増加で小型乗用車が増加したことなどから前年を上回り、電気製品卸売は前年に増加した業務用製品の反動減の影響で前年を下回った。
 建設関連では、公共工事は国、県は減少したことから前年を下回った。建築着工床面積は、居住用が減少したことから前年を下回った。新設住宅着工戸数は、貸家、給与、分譲が減少したことから前年を下回った。建設受注額は、公共工事、民間工事ともに増加したことから前年を上回った。
 観光関連では、入域観光客数は前年を上回った。国内客、外国客ともに前年を上回った。主要ホテルは、稼働率、売上高、宿泊収入ともに前年を下回った。

 総じてみると、観光関連は好調で、消費関連、建設関連は概ね好調なことから、県内景気は拡大している。 (続きを読む…)

このページのトップへ